ScotlandDialect

05061

イギリスにも方言があることをご存知でしたでしょうか。

実は日本と同様にかなりなまりや表現があって地方によって英語は全然ちがうんです!

 

たとえばスコットランドは、独自の歴史や文化を持つ誇り高きスコットランド人です。

当然言語にもはっきりとした特徴があります。

元々ケルト系のアイルランド、ウエールズ、そしてスコットランドの訛りには共通点が多いです。

特にゲール語に由来する言葉は独特で、これは英語とは全くの別物なんです!

例えば恐竜で有名なネス湖は「Loch Ness」。読み方は「ロッホ・ネス」となっているのをご存知でしょうか。

ch」の発音がドイツ語同様、「ハ」をのどの奥から出すような発音となるのも特徴なんです。

「lilt」または「sing-song」と言われる独特のイントネーションがあります
リズミカルに上下動するイントネーションはケルト系共通の特徴です!

「r」は巻き舌発音します。

米語と同じく巻き舌ではっきり発音されます。

そもそも米国に初めて移住した英国人はアイルランド系スコットランド人だったと言われているからと知っていましたか。

スコットランドの英語を話す有名人としては、

ユアン・マクレガー

ユアン・マクレガーです!

いまや英国を代表する人気俳優ユアンはスコットランド出身であることに誇りを持っています。

映画のプレミアに民族衣装のキルト(お馴染みのタータンチェックのスカートである!)を着てくるほどの愛郷心の持ち主です。

言葉の節々にスコットランド訛りも健在です。

一方、元祖スコットランド出身俳優と言えばショーン・コネリーなどもいます。

彼の場合はどんな役を演じていてもアイルランド訛りが残ってしまうといわれているらしいです。

なんとなく日本でいうと北海道のようないんしょうでしょうか。

 

 

関連記事

カテゴリー

return top