How many people have second homes?

BBC http://www.bbc.co.uk/news/election-2015-32393222

イギリスでもまもなく始まる選挙にむけて多くの社会問題が取りざたされています。

そんななかこんなコラムを読みました。

住宅費の高騰や富裕層と貧困層の貧富の差はよく話されるとっぴくです。

この記事もその象徴のような話で、なんとイギリス人でもセカンドハウスをカントリーサイド(田舎)に

もっている富裕層も150万人以上もいるんですね。

日々のモーゲージや生活費も払えず、富裕層のタンス貯金をねらった空き巣が相次いでいると

いうニュースを聞く一方で、やはり富裕層も多いようです。

 

The Liberal Democrats are suggesting that councils should be allowed to double council tax on second homes.

It is one of the proposals in their Countryside Charter.

The idea is to discourage people from owning second homes in beauty spots, so that people who want to live permanently and work in the area will not be priced out of the market.

How much of an issue are second homes?

In the 2011 Census, 1,570,228 people in England and Wales said they had a second address in England and Wales outside the local authority of their primary residence, that they used for 30 days or more each year.

Another 47,733 of those people had second addresses in Scotland or Northern Ireland, while 820,814 had second addresses outside the UK.

But these are not all second homes in the sense that the Liberal Democrats are talking about:

  • Only 11% of these people, or 165,095 of them, are classified as having these second addresses as holiday homes
  • 15% are classified as having them as student accommodation or for work
  • More than three-quarters are classified as having them for “other” reasons

でもこの記事をよむかりぎなんとそのうちの11%は別荘として、15%は学生寮や社宅として、それ以外は別の理由で所有されているようです。

実際に住宅の問題はイギリスではかなりウエイトの高い問題で、公共住宅の不足や住宅の値段交渉などは国民の生活を脅かしてい社会問題として多くぎろんされているます。

一方で、こうして使用されているセカンドハウスもあるのでまだまだ解決すべき問題は多そうです。

日本と同じですが、イギリスのシステムは少しかわっていて、ほとんどの人(とくに貧困層)は公共住宅というパブリック住宅に住んでいます。

国によって住宅事情もいろいろ違うものです。

またそのシステムについても機会があればお話したいと思います。

関連記事

カテゴリー

return top