Is the Phantom Framer a vandal or an artist?

_82396619_img_1790

bbc http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-32348160

先日、こんなおもしろいコラムを見つけました。

さすがイギリスで、斜に構えたユーモア好き!

以前に、イギリスのストリートアーティスト バンクシーについてご紹介したと思います。

バンクシー(英語名Banksy)は、 本名、生年月日など一切不明のイギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家です。

なんとイギリスの建造物、あるいはストリートの壁などに無断で自分の作品を描く、ゲリラ的芸術家としてしられており、

その作風は、社会風刺的なグラフィックアートが中心で、芸術的にはとても優れたものとして評価される一方で、

その縦横無尽な行動が、芸術家や一般聴衆からは批判の的となることもたびたび。

そんなストリートアートの次は、なんと道路のストリート名のサインにフレーム(額縁)をつけていかにも絵画のようにみせる

アーティスト(同じく覆面)が出現したとか!?

なんとその名は、the Phantom Framer 怪人フレーマー!?

そして、BBCのタイトルは、海神フレーマーはヴァンダル(芸術などの破壊者)か、アーティスト(芸術家)か?

と評されています。

さてどちらなのかわかりませんが、いかがでしょうか?

 

Wades Lane sign before and after

フレームありとフレームなし。

うーん。そうですねなしのほうがすっきりして見やすい気はしますが。

 

 

British Problems tweet

ツイッターでは、こんな批評も

”ミドルクラス出身の怪人フレーマーという輩がこんなへんないたずらしあがって、景観をそこねるね!”

The Phantom Framer at work

 

なんだか、こんな一生懸命作業をしてくれていると思うと、そうそう批判の的にするのも忍びないですね。。。

またこんな声も

Tweet by Scott Overall

このエリアは、住宅開発で家や土地の値段が交渉しているエリアのようです。

そして、実はこのファンタムフレーマーもこの地域を愛する人の一人で、

Framed sign

 

The Phantom Framer said he “decided to put frames in my surrounding area to beautify Teddington”

このフレームをつけるアクションをしようときめたのは、Teddingtonを美しいエリアであってほしいと願って

とのことで、なんといいましょうか、いかにイギリスらしいなと感じます。

日本には、こんな地域の自然、歴史、芸術を愛して、、、なんてあまりない行動のように感じます。

非社会的な行動であるようにも見えるし、尊敬を表したいような行動でもあります。

いかがでしょうか。

関連記事

カテゴリー

return top