イギリスの政治

そして、その議会を構成するのがイギリスの政治一つは庶民院です、

House of Commons と呼ばれています。

下院にあたります。

会期は1年1会期で、通年開会されます。

定員は、定数は650人になっています。

法律で定められた定数には幅があり、その範囲内で選挙区を制定して、選ばれます。

選挙制度は、一選挙区・一当選・比較多数・一回投票で、いわゆる単純小選挙区制になっています。

任期5年で解散の場合には期間満了前に終了するようになっています。

首相は庶民院を自主的に解散することもでき、庶民院の3分の2以上の同意が必要となっています。

そして貴族院は、 House of Lordsと呼ばれ、上院に当たります。

貴族によって構成される本院は、公選制の庶民院と異なり、非公選制になっています。

議会法制定以降は立法機関としての権能は庶民院に次ぎます。

現在は、その特権としてはいくつかあるようですが、実質的な運営権はないようです。

構成は、世襲貴族、一代貴族、法服貴族があり、762人いるようです。

昔の貴族の名残りがこんなところにあるんですね。

日本の衆議院、参議院に近い部分もありますが、かなり貴族的な意味合いが色濃いのは

イギリスの特色とも言えそうですね。

また、いろいろ詳しくお話する機会があれば、ご紹介したいと思います。

今回は、政治のお勉強、かなり基礎の基礎編ですが、ここまでにしようと思います。

一代貴族

いかがでしょうか。ちょうど

関連記事

カテゴリー

return top