サッカーの歴史

先日からのサッカーのお話でちょと横道にそれて、サッカーの歴史についてです。

やっぱり現在のイギリスのサッカー(フットボール)のにんきは、その起源にさかのぼります。

もともと、サッカー(フットボール) はイギリスで中世に行われていたフットボール祭にそのはじまりがあります。

もっとも古くは、1863年にロンドンで設立されたフットボール・アソシエーション (The FA)だそうです。

その原型は、ボールを決まったところに運ぶという遊びで今から2000年~3000年くらい前とも言われていますが、

その原型は、じつは、イングランド(現在のイギリス南部)で13世紀ごろ街中で何百人もの人がボールを奪い合い教会

などのゴールへ持ち込むのですが、かなり荒っぽいゲームだったようです。

Image result for イギリス サッカー 歴史

その後規則化が広まり18世紀には学校単位で規則に従ったゲームが行われたました。

ルール化されたのは、イタリアと言われており、それがイングランドに伝わったもので、サッカーの起源は本当はイタ

リアだとも言われているようではあります。

しかしイングランドでは1863年にフットボールアソシエーション(FA)というサッカー協会が設立され、ルールが

統一されました。この時期が現代サッカーとの境界と言われています!

そして、いよいよサッカーが世界でも注目されるようになりました。

その理由は、

イギリスの産業革命の時代にあります。

19世紀に始まった産業革命は、蒸気機関などの発明が相次ぎ、イギリスからは世界に様々な製品が輸出されました。

そのときに外国に行った技師などがサッカーを広めました。

Image result for イギリス サッカー 歴史

 

Image result for イギリス サッカー 歴史

 

たとえば、インドなどにも広がったのがその始まりとも言われています。
また、サッカーはボールさえあればフィールドはどんな大きさになっても遊ぶことができます。

他のスポーツのように特別な道具は多くは必要ないのが広くうけたようです。

たとえば、道具のすくない貧困な国でも手軽にあそべるスポーツとして大変人気を増したようです。

 

そして、ちょっと豆知識ですが、日本に伝わったのは、イギリス軍人ダグラス少佐が休暇の

ときに日本海軍の軍人に教えたのが始まりと言われています。

1873年に日本にサッカーが始まられました。

その後横浜や神戸でサッカークラブが作られ1878年には坪井玄道が現在の筑波大学の前身の

東京高等師範学校体操専修科に教科として加えたとも言われています。

Image result for イギリス サッカー 歴史 日本

それから、学校教育のなかで取り入れられたことをきっかけに広く民間にひろまったようです。

結構日本でもサッカーの歴史はふるいんだなあと初めてしりました。

 

なるほど、日本でも今のサッカー人気もこんな古い歴史起源があるんだと初めて知ったところです。

 

関連記事

カテゴリー

return top