イギリスのサッカー

無題

先回に引き続きイギリスのサッカーのお話です。

 

イングランドプレミアリーグのマンチェスターユナイテッドに所属していた香川真司選手は有名でしたね。

マンチェスターユナイテッドは、プレミアリーグ優勝20回、ヨーロッパチャンピオンズリーグ優勝3回を誇る

世界でも屈指の強豪クラブです。

香川選手は、イングランド代表のウェイン・ルーニー、オランダ代表ロビン・ファンペルシーなどの世界的な名

プレーヤーと肩を並べる屈指のプレイヤーとして注目を集めました。

ロンドンのアーセナルには、宮市亮選手が所属していました。

アーセナルもプレミア屈指の強豪クラブで、プレミアリーグ13回の優勝回数を誇ります。

宮市選手は、2011年にアーセナルと5年契約を結び、プレミア屈指の強豪クラブで活躍しています。

それ以外にもウサンプトンには、吉田麻也選手と李忠成選手が所属しています。

日本人選手の活躍は嬉しいです。

どちらかというと少しタイプの違うようですが、今後もますます日本の選手の活躍があると嬉しいですね。

 

次記事へ続く

 

関連記事

カテゴリー

return top