イギリスミステリースポット

download

先回に引き続きイギリスミステリースポットのご紹介です。

 

日本ではあまり知られていないが、このイギリスには有名なセント・マイケルズ・レイラインという直線の

320kmにも及ぶ太陽の道があります。
ストーンヘンジやグラストンベリーなど、イギリスで有名な遺跡群はレイラインと呼ばれる太陽の道筋に沿って直線上に並んでいるとも

いわれています。
1920年頃、英国の発明家で実業家のアルフレッド・ウォトキンズは英国にある古代遺跡の直線配列に気が尽き、書物に表し,この大規模

な古代遺跡の直線配列は「レイ」となずけられました。

 

レイとは語源的には「光」や「まっすぐな道」という意味があります。

 

 

 



氣の流れなのだろうが、聖地や教会、遺跡等を結ぶと直線になるということで
1921年にイギリスの考古学者によって発見されたといわれています。

 

「レイライン(ley line)」とは、古代の遺跡群をつなぐように描かれる直線のことですが、

古代の遺跡は神秘の力の道に沿って建てられたと考えられていますが、東洋では「龍脈」や

、日本の「太陽の道」に似た考え方です。

 

実は、日本にもおなじようなものがあるんです!

日本にも「太陽の道」のように「レイライン」が存在するとも言われる

なんとなく、確かになっとくできるラインですね。

関連記事

カテゴリー

return top