イギリス選挙

_81455421_finaldebatescomposite

前記事より続き

それから、ブラックホース、ニューカマーのような存在がイギリス独立党(UKIP)です。

UKIPは 「反EU・反移民」を掲げるイギリス独立党です。

外交での争点はEU(=ヨーロッパ連合)からの離脱問題がおおきな注目となっている昨今、

ギリシャなど他の加盟国へ財政支援が続く中、「なぜ自分たちの税金で他国を助ける必要があるのか」

との思いや、「このままでは移民流入で雇用や福祉を圧迫される」との不信感が渦巻いています。

こうした声の受け皿となっているのが、「反EU・反移民」を掲げるイギリス独立党(UKIP)です。

UKIPは2014年5月のEU議会選挙でイギリスに割り当てられた73議席中24議席を獲得し、

第1党に躍り出ました。

国政でも、保守党を離党してUKIPに移った議員2人が補欠選挙で勝利するなど勢いを増しています。

いろいろ争点が多い、今回の選挙戦を前にいよいよ議員のPRも白熱化しています。

日本ともどこか通じるところがあるなと思うところです。

また引き続き選挙の話題もお話していきたいとおもいます。

関連記事

カテゴリー

return top