Cafe culture

_80321377_pellicci_int_

BBC http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-30879406

 

イギリスのカフェ文化についてこんなコラムをよみました。

The survival of the traditional British ‘caff’

On the UK’s high streets it’s survival of the fittest. Yet, in the age of the double-shot, low-fat, no-foam latte, the traditional cafe – or “caff” – lives on.

With their prescriptive queuing rules and confusing names for small, medium and large cup sizes, the chain coffee shops seem to be accepted as the place to go for a caffeinated pick-me-up and a bite to eat.

The identikit decor and handy loyalty card stamps pull us in and keep us coming back – but also leave some people cold.

For Seb Emina, author of the London Review of Breakfasts blog, nothing less than what is sometimes affectionately known as a “greasy spoon” will do.

 

今や、伝統のカフェ(日本でいう昔ながらの喫茶店)とモダンなカフェやカフェチェーンのカフェバトルはイギリスでも盛んです。

日本でも、多くのチェーン店のスタンドコーヒーカフェチェーンが全国展開するなか、むかしながらの喫茶店はいわゆる先細り状態。

経営的にも若い人などの客足は、モダンなカフェーあるいはチェーン店へむかっています。

そんなおり、はやりイギリスでもおなじのようです。

greasy spoon は、いわゆる大衆食堂のようなものですが、そういったお店が全国各地で展開しているそうで、

いくつか紹介されていました。

 

 

The River Cafe
The River Cafe in Putney, south-west London, has been run by the same family for 36 years

We’re talking glass sugar dispensers with red and brown sauce bottles on laminate tables, jets of steam rising from industrial looking chrome tea machines and menus that cater for your every culinary need – from a fruit juice to a full roast, a fry-up to an apple crumble and custard.

こちらの南西ロンドン地区にあるリバーかふぇは、36年間家族経営をおこなってきたお店だそうです。

 

 

Mary's Kitchen in Nottingham

 

Two gentlemen eat breakfast at Alpino cafe, Islington, London
RIVER CAFE
PELLICCI customer - Pete
Gino's

 

こうしていくつもの大衆食堂的なカフェが紹介されていました。

イギリスにくると、一度といわず必ず目にするこういった形式のカフェ。

どちらかというと、客層はオーバーミドルエイジの方が多いかなという印象ですが、朝から新聞を広げてくつろいでいる

姿をよくみかけます。

日本でいうと、モーニング?というところでしょうか。

朝だけではなく、ずっとあいているのですがなんというか庶民の語らいの場のようなイメージです。

お酒文化では、パブで語らい、カフェ文化でこういう大衆食堂で語らい、こういう場がいわゆる庶民の社交の場となっているようです。

ぜひ、イギリスへ来たらおためしください。

 

 

関連記事

カテゴリー

return top