イギリスのマルチナショナリティーについて

images

イギリスに来て、やっぱり感じるのは、すくなくとも日本よりはマルチナショナリテルな

国だということです。

歴史的な経緯や、現在の政治の文脈でもそれはもっともリーゾナブルなお話ですが、

いったいどんなナショナリティーやエスニックグループの人がどれだけ

いるのか、ちょっと興味深いとこです。

そこでこんなデータを見ました。

01271

 

多民族とはいえ、やはり9割以上は、白人なんだなと知ります。

とはいえ、ナショナリティーという意味では、どちらかといえばヨーロッパ系

の人が多いようです。

それから、それ以外の国民でみると、半数はアジア系なんですね。

たた、?なのが中国が別にあるので、日本はこの他のアジアに入っているのか、他の

エスニックグループにはいっているのか、?です。

ただ、感覚的に、すごく少数であることは確かなので、どちらに入っていたとしても

かなりマイノリティーグループであることは確かです。

確実に中国よりは少ないし、アジアの中でもマイナーな部類だと思います。

アジアといっても、インドやパキスタンの人はアジアの中でも、地理的にも文化的にも

少し距離がありますね。

イギリスでの日本ってどんななのかなと思い、

ちょっとイギリスの社会について垣間見てみました。

 

関連記事

カテゴリー

return top