イギリスの伝統料理

mig

前記事より続き。

コーニッシュパスティー

 

 

コーンウォールの名物料理である、コーニッシュパスティです。

パイ生地で牛肉、じゃがいも、たまねぎなどを挟んだもの。

これは、ベーカリーショップなどでもよく目にします。厚めの生地がおいしいです。

 

ベイクウェルタルト

http://www.wildyeastblog.com/wp-content/uploads/2009/06/bakewell-tart.jpg

 

「ベイクウェルプディング」とも呼ばれている、ダービーシャー生まれのお菓子。
タルト生地とアーモンドの生地に、フルーツジャムがサンドしてあります。

これはスーパーでたくさん売られていてとてもよく目にします。

フルーツもいくつか種類があり、わりと固めの生地です。

ショートブレッド

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d4/Shortbread_fingers.jpg/250px-Shortbread_fingers.jpg

お土産としてたいへんなじみ深いお菓子です。

紅茶によく合い、イギリス人はよく紅茶にひたして食べたりしています。

形も、半円系や楕円などもあり、チョコチップ入りなどもあります。

ハギス

http://www.virginmedia.com/images/haggis430x300.jpg

 

スコットランドの伝統料理で、
羊の内臓を羊の胃袋に詰め、茹でた料理です。

これは、私はスコットランドで初めて食べたとき、

おもわず!?と思ってしまいました。

臓物系が苦手な方はあまりおすすめではありませんが、

勇気があればぜひトライしてみてください。

 

ヨークシャー・プディング

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f9/Yorkshire_Pudding.jpg/250px-Yorkshire_Pudding.jpg

 

ヨークシャーで生まれた、イギリスの家庭料理です。
シュー皮のようなもので、肉料理などの付け合わせで出されます。

これはお料理の付け合わせなどによくあります。

味はいたってシンプルで、どちらかというとメイン料理の

添え物としてつけられます。

 

次記事へ続く。

関連記事

カテゴリー

return top