イギリスの冬至

_79847555_man-and-dog

BBC http://www.innerbed.com/detail/110187.html

日本でも暦上の冬至とは別に、実際に日が一番短くなる日というのが、

おおよそ12月22日前後といわれていますが、ここイギリスでもその日が

いよいよ今日でした。

イギリスで冬を何度もすごしてみて気が付いたのが、1日がものすごく

短い気がするのです。

不思議なのですが、なんかアッというの間に1日がすぎてしまって、

すごくへんな感触がありました。

その理由が少しわかった気がします。

これをみるとすごくイギリスの冬は1日が短いということが分かります。

Why do mornings still get darker after the winter solstice?

Today is the shortest day of the year, so it should follow that mornings will start getting brighter from now on, shouldn’t it? Not necessarily, writes Kris Griffiths.

This Sunday, 21 December, the northern hemisphere will experience the shortest day of its year, marked at 23:03 GMT by an astronomical phenomenon known as the winter solstice – the moment the North Pole is tilted furthest from the sun as the Earth continues on its orbit.

 

だいたいイギリスでも年によってその日が違うのですが、

例年21日か22日に一番日の短い日を迎え、その日を境にだんだん日が長くなっていきます。

今年は22日でした。

The solstice doesn’t always occur on 21 December. Sometimes it nudges into the early hours of 22 December, which will happen again next year. The hour of day also varies. Last year’s arrived at 17:11. Next year’s will at 04:38.

Whatever day or time it happens, for many commuters it means leaving the house and returning from work in darkness, in the knowledge that from here on in the long nights will get shorter, with the sun rising earlier and setting later as we journey again towards the spring equinox.

However, the more astute of these early risers might have perceived a curious development, which may have passed by the more bleary-eyed unnoticed.

It would seem logical that after the shortest day has elapsed the mornings would start getting lighter earlier, but this isn’t what happens – the mornings continue darkening until early in the new year.

Sunrise and sunset in London

Day Sunrise Sunset Day length
(ALL TIMES GMT)
11 December 2014 07:56 15:51 7:55:37
21 December 2014 08:04 15:53 7:49:45
31 December 2014 08:06 16:01 7:54:39
31 January 2015 07:41 16:48 9:06:42

 

このデータをみるとわかるのですが、なんと日の出が8時。

日本の時間と比べると1時間以上も遅いです。

たとえば、日本の22日は、日の出  : 06:47:24 日の入り : 16:31:53でした。

といわけで、1日がすごく短く感じるのはそんなわけです。

そして、日没も早いので、そうそう帰宅を急ぐ感じになります。

そのため、なんとなく冬は非活動的になります。

イギリス人に限らずヨーロッパはその傾向があるかもしれませんが、

冬の日の短さはなんとなくまだ慣れません。

大抵ははっきりした朝日といのもあまりなく、どんより沈んだ天気なのですが、

たまにはこんな美しい朝日が見られる日もあります。

 

Winter sunrise over Tynemouth

 

今年の初日の出はみられるのかな。

たのしみですね。

 

Druids mark winter solstice at StonehengeD
そして、この年間で一番日が短くなる日をあがめて、ストーンヘンジではこんな神聖なイベントが
行われたそうです。
こうして、神聖な太陽や自然の髪を崇めたてまつるのもイギリスらしいです。
Winter sunset at Glen Shee
そして、まだまだ春のおとずれは一足先ですが、今日から少しづつ日がなくなるんですね。
なんとなく、ヨーロッパの人達が冬は家でただただ過ごすのはこういうわけなのかと実感する
今日この頃です。

関連記事

カテゴリー

return top