‘Pay benefits faster’ to reduce hunger, MPs urge

12092

前記事より続き

そしてイギリスの貧困状態と日本の貧困状態を示すラインがそもそも違うので、少し比較がむずかしいところです。

日本では、日本には国民貧困線が公式設定されておらず、国民貧困率の試算も存在しなません。実務上は生活保護基

準などを元に運用されています。

イギリスでは、2006年4月の英国では、全労働者の23%(500万人以上)が時給6.67ポンド以下の給与でした。フルタイ

ム労働者(週35時間労働者)は年収12,000ポンドを得ているが、これはその平均所得の60%以下の額ですまた2006年4月

では、週35時間労働者の課税前年収は9,191ポンドでした。

1208

 

そのため、今回の資料でpovertyと示されていた400万人はもっとシビアなラインにいる人々という考えです。

 

そう考えると、イギリスは割合としては高いとい印象でしょう。

大きな理由の1つは、前述した2010年における一連の改革です。

デーヴィッド・キャメロン率いる保守党へと政権交代して以降、財政を立て直すため児童手当の凍結、教育手当て、妊婦

給付などの廃止などの社会福祉が大幅にカットされたことがやはり理由でしょう。

こうした政策によってセーフティーネットからこぼれ落ちる人々が存在することもまだ事実で今後、イギリス政府は貧困への

対策を迫られることになるが、こうした問題は決して日本とも無縁ではないですね。

関連記事

カテゴリー

return top