イギリスの101

11201

BBC http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-devon-30109912

イギリスの社会の問題については、医療や保健、税金、経済などこれまでいろいろ

生活レベルでお話してきましたが、こんなところにも問題が散在していました。

A fifth of callers to the Devon and Cornwall Police 101 service are having to wait more than 20 minutes to get through, a report has found.

Police and crime commissioner Tony Hogg launched an investigation into the non-emergency number following complaints from the public.

He also found thousands of callers hung up in frustration.

The 101 number is used to report offences such as vandalism and drug dealing.

Mr Hogg’s study found callers were taking an average of more than six minutes to be answered but half waited 10 minutes or longer.

A fifth had to wait 20 minutes or more and more than 25% of callers hung up.

The report branded the situation “frustrating and unacceptable”.

In October, it meant 3,768 callers did not get through and another 2,763 got an engaged tone.

The review found the police’s call-handling technology was “not fit for purpose” and “a substantial barrier to delivering a better service”.

 

イギリスの110は、こちらは999なのですが、この999がパンク状態のため、当たらなニューサービスとして登場したのが

101というサービスです。

このサービスは、999ダイヤルの7割がそれほどの緊急とはいえないケースの通報と言われ、999サービスの迅速さに支障をきたす要因になっていることを

鑑みて、より多様な対応ができるように、と新たに設定されて試験運用中の非緊急時用通報番号(24時間対応)です。

 

 

なんと調査によると101にダイヤルした人の20%は20分以上電話が通じるにかかっているそうです。

平均的には6分ぐらいの待ち時間で、50%以上の人が10分以上待ったとか。

ポリスオフィッスはこれは緊急ではないので、、、と対応するも20分はいくらなんでも長いですね。

101にかけても、人命にかかわるような緊急対応が必要と見なされた場合は999に転送される。101への電話料金は1通話につき一律10ペンスと

有料なのも欠点です。

そうなんです。

イギリスはこういうことがすごく多いんです。

○○(よさそうなサービス)がある。

よくよく聞いてみると欠点だらけ。

そして、20分も待つとは、、、。

 

やはりイギリス人は気が長いか忍耐深いとしか思えません。

イギリス人が皮肉っぽいのも納得のいくendです。

 

 

 

関連記事

カテゴリー

return top