レンブラント展 in ロンドンナショナルギャラリー

1014

BBC http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-29484448

現在ロンドンのナショナルギャラリーでレンブランド展が行われています。

私の大好きなアーティストの一人で彼の作品の光と影はなんとも表現できない美しさがあります。

An exhibition of the late works of Rembrandt opens at London’s National Gallery this week, on the first step in a journey that will take many of the works back to Amsterdam, the city where they were created in the 17th Century.

The story goes that upon viewing Rembran

レンブラントは、17世紀を代表する、オランダを代表とするの画家です。

大画面と明暗を画面上に強く押し出したルミニズムの技法を得意とし、「光の画家」「光の魔術師」とも言われています。

人物画は特に美しく、暗い闇のなかに浮かび上がる黒く深い憂いのある瞳が印象的です。

エッチングや複合技法による銅版画やデッサンでも数多い作品を残したことでもしられています。

今回ナショナルギャラリーで展示されているのは、このようなラインナップです。

10142

ユダヤの花嫁
レンブラント晩年期の代表作のひとつ『ユダヤの花嫁』。長い間『ユダヤの花嫁』と誤って題名が付けられている本作は、旧約聖書を典拠とするイスラエルの民の祖アブラハムの息子イサクと、下僕エリエゼルによって連れてこられた妻リベカが愛し合い抱擁する場面です。

10143
Bathsheba with King David’s Letter, 1654

『ダビデ王の手紙を手にしたバテシバの水浴』は、バロック期のオランダ人画家レンブラントが1654年に描いた絵画です。『旧約聖書』『サムエル記』の、イスラエル王ダビデとヒッタイト人ウリヤの妻バテシバとのエピソードを描いた官能的な作品として有名です。

(次記事へ続く)

関連記事

カテゴリー

return top